債務整理をしたい方

お金が必要になった…任意整理中に必ず知っておきたい借り入れについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
任意整理中 借入

もうこれで最後だ…

一生、借りるはずもないと思っていた消費者金融からの借り入れ。しかし、またお金が足りなくなり、借金をしなければいけない…

任意整理後の返済期間中は、いわゆるブラックリスト状態(個人信用情報に事故情報が登録されて、一切のローンやクレジットカードなどを利用できなくなってしまった状態)となり、借り入れをすることは出来ません。

借り入れはできないとわかっていても、それでもお金が必要だ…そんな時はどうしたら良いのでしょうか?さらに借金をすることができるのでしょうか?

実は、借り入れをする方法によっては、追加でお金を借りることも出来るのです。

今回の記事では、任意整理の返済期間中でも借り入れを実現させる方法とともに、借り入れをする相手によって注意しなければならない点についてご紹介します。

1.任意整理後は、借り入れができない

任意整理をすると、その後しばらくの間、基本的に「借り入れ」ができなくなります。

借り入れとは、ローンやクレジットカードの利用のことです。

たとえば、住宅ローンや車のローン、事業用ローンや教育ローンなど、さまざまなローンがありますが、こういったローンは一切利用することができません。カードローンも使えません。銀行でも信用金庫でも政府系の公庫でも、労働金庫でも、金融機関を利用することは不可能です。

それだけではなく、クレジットカードを発行することもできません。審査が緩いと有名なカード会社でも、審査にとおることができなくなります。

サラ金のキャッシングすら利用できなくなるので、「ちょっとお金が足りない」というときには大変不便となります。

2.任意整理後の返済中に借り入れができない理由

それでは、任意整理後の返済中、どうして借り入れができないのでしょうか?

それは、ローンやクレジットカードの審査に通らなくなるからです。

こうした借り入れ審査の際、貸金業者やクレジットカード会社は、申込者の「個人信用情報」を参照します。

個人信用情報には、その人のカードやローンの利用に関する記録が載っているので、個人信用情報を見ると、その人を信用して良いかどうかがわかるのです。

日本の国民の個人信用情報は、政府が指定する3つの信用情報機関という専門機関において、管理されています。

任意整理をすると、その個人信用情報に「事故情報」という情報が登録されます。

事故情報が載っているということは、その人が過去に債務整理をしたということを意味します。

そこで、金融機関や貸金業者が審査をするとき、個人信用情報に「事故情報」が登録されているとわかったら、その人には貸付をしません。

このように、個人信用情報に事故情報が登録されることによって、任意整理後には借り入れができなくなってしまうのです。

3.任意整理後、いつまで借り入れができないのか?

それでは、任意整理をした場合、いつまで借り入れができない状態が続くのでしょうか?任意整理後の支払いを完済したら、借り入れができるようになるのでしょうか?

実は、任意整理後の返済とブラックリスト状態の期間には、直接の関係はありません。任意整理で完済したからといって、事故情報を消してもらえるわけではないからです。

事故情報は、一定期間登録され続け、所定の期間が経過したら自動的に消去されます。そして、事故情報の登録期間は、信用情報機関によって、扱いが異なります。

信用情報機関には、以下の3つがあります。

・JICC(日本信用情報機構)

主に、サラ金や消費者金融系の会社が中心となって作っている信用情報機関です。加盟している企業も、サラ金や消費者金融会社が多いです。

・CIC(株式会社シーアイシー)

クレジットカード会社や信販会社が主となって、構築している信用情報機関です。加盟企業も、そうした信販会社等が多いです。

・KSC(全国銀行個人信用情報センター)

全国銀行協会が母体となっている機関で、加盟しているのも銀行や信用金庫などの金融機関です。

上記のうち、2つの信用情報機関や3つ全ての信用情報機関に加盟している金融機関もあります。

4.3つの信用情報機関の事故情報登録期間

それぞれの信用情報機関において、任意整理をしたときの事故情報は、以下の年数登録されることとなります。

4-1.JICC

JICCの場合、任意整理を弁護士や司法書士に依頼して、受任通知を発送してもらった時点から手続き終了までの間に、事故情報が登録されます。そして、その後5年間情報が登録され続けます。

そこで、任意整理後の返済期間に関わらず、だいたい手続き後5年が経過したら、事故情報を消去してもらうことができます。

4-2.CIC

CICの場合には、借金支払いを遅延した段階で、事故情報が登録されます。

「延滞した」というのは、借金支払いを2~3ヶ月間遅れた場合です。

任意整理をするときには、通常支払を延滞することになるので、任意整理したからというよりは、延滞を理由に事故情報が登録されてしまうのです。そして、その情報は、基本的に5年間登録されます。

ただ、CICの場合、いつから5年間をカウントするのかが定まっておらず、基本的には完済後5年間ですが、それよりも早く消去されるケースもあります。任意整理後の支払いを遅延すると、事故情報の登録期間が長びく傾向があります。これは、加盟企業がCICに遅延を報告していることと関係しているのではないかと考えられます。

結果として、完済後5年間登録され続けることが多いです。そこで、任意整理をした場合、完済してから5年間はCICに事故情報が登録されて、カードの利用ができないと考えておくと良いでしょう。

4-5.KSC

KSCの場合には、延滞や代位弁済が起こったときに事故情報が登録されます。延滞についてはCICと同じですが、代位弁済というのは、KSC独自かもしれません。

代位弁済とは、借り入れ人が約定通りの支払いをしないときに、保証会社が代わりに支払いをすることです。銀行ローンなどの場合には、保証会社がついていることが多いので、滞納するとすぐに代位弁済が起こり、事故情報が登録されます。そして、その情報は5年間登録される続けることになります。

●任意整理後借り入れができない期間まとめ
以上をまとめると、結局任意整理後借り入れができない期間は、手続き後5年~7年程度になることが多いです。
CICに加盟している業者のローンの場合、若干それより長い間、利用を制限される可能性があります。

5.任意整理中でも借り入れができる場合とは?

任意整理中は、基本的に正規の貸金業者や金融機関から借り入れをすることができませんが、借り入れができるケースもあります。以下で、どういった場合なのか、ご紹介します。

5-1.個人

まずは、個人です。たとえば親や兄弟、親戚や友人知人、恋人などです。

当たり前ですが、こういった個人は信用情報機関に加盟していません。たとえ過去に債務整理したことを知られても、納得してくれていたら、お金を貸してもらうことができます。

5-2.勤務先

勤務先から借り入れができるケースもあります。たとえば、サラリーマンなら勤務先に社内貸付制度があったら利用できますし、公務員の場合には、公務員共済貸付を利用することができます。

勤務先や共済組合は、信用情報機関に加盟していないので、審査に落とされることはありません。

ただし、社内貸付制度を利用した場合、退職するまでに完済する必要があるので、近日中に転職する場合などには利用しないようにしましょう。

5-3.闇金

任意整理後の返済中でも、闇金なら貸してくれます。しかし、闇金は絶対に利用してはいけません。

「ブラック状態でも貸します」などと謳っている業者は、たいてい闇金なので、たとえ任意整理後で借り入れができずに困っていても、こういった誘いに乗ってはいけません。

5-4.ブラックでもOKの正規の業者

任意整理後の返済中でも利用できる可能性がある業者として、「ブラックでもOKの正規の貸金業者」があります。

これは、任意整理後の返済中に、こうした業者を利用すると、肝心の任意整理後の支払いまでできなくなってしまうおそれがあるので、利用すべきではありません。

6.任意整理後の返済中に借り入れる際の注意点について

任意整理後の返済中に借り入れをするときには、以下のような点に注意しましょう。

6-1.任意整理後の返済ができなくなるリスク

まずは、任意整理後の返済ができなくなるリスクを考えるべきです。

任意整理後は、これまでの債権者への返済も継続しています。その金額は、月々3万円~5万円程度になることが多く、確実に3年~5年程度、返済を継続しないといけないのです。

もし、途中で支払いができなくなったら、任意整理は失敗に終わるので、個人再生や自己破産など、別の債務整理手続きを検討しなければなりません。

再度任意整理することも可能ですが、任意整理後に新たな借り入れをして支払ができなくなったような人は、通常信用がないので、債権者としては、再度の話合いに応じてくれないでしょう。

そこで、任意整理後は、安易に借り入れをせず、とにかく任意整理後の返済を完済させることを最優先にすべきです。借り入れをするのはどうしても必要なときに、最小限にとどめるようにしましょう。

6-2.闇金を利用してしまうリスク

任意整理後に借り入れをするときには、常に闇金を利用してしまうリスクに注意すべきです。

闇金というのは、貸金業の登録をせずに、違法に営業している金融業者のことです。法律を守らないので、金利は暴利ですし、取り立て方法も人権を無視した非常に極端なものです。

闇金からお金を借りてしまったら、すぐに返済ができなくなって、にっちもさっちもいかなくなります。家族や勤務先に脅迫や嫌がらせの電話がかかってきますし、近所で変な噂を流されることもあります。

闇金が原因で妻と離婚をして、仕事も失い、家も失って、本当に人生が台無しになってしまう人も少なくありません。

債務整理後のブラックリスト状態の人は、闇金にとっては上顧客です。

任意整理をすると、ことあるごとに「ブラックでもOK」とか「債務整理していても借りられる」などの文句で、誘われることになります。たとえば、ネットで借り入れ出来る金融機関を探していると、多くの金融機関のサイトが見つかります。中には大手金融機関にそっくりのサイトなどもあります。しかし、そうしたサイトは、闇金が大手を偽装したものです。

ブラック状態でなければ、このような闇金の偽装にひっかかることはない人でも、任意整理後の返済中で、どこからも借り入れできない状態だと、騙されてしまうことがあります。

6-3.不利な条件で借り入れてしまうリスク

任意整理後の返済中に、無理にお金を借りようとすると、どうしても不利な条件になってしまいがちです。

たとえば、ブラックでもOKな正規の金融業者がいます。

ブラックでもOKの金融業者というのは、貸金業登録をしている正規の金融業者ですが、債務整理後のブラックリスト状態の人の審査を通すという、変わった業者です。

このような対応をするのは、こうした中小の街金の貸金業者が集客をするためです。
中小の街金は、大手のように信用力の高い人が利用してくれないので、顧客獲得のために、贅沢を言っていられません。そこで、事故情報が載っているとわかっていても、あえて審査に通し、融資を行います。

しかし、こういった業者は、リスクを取っている分対応が厳しいです。利息は利息制限法ぎりぎりの高利息になりますし、返済を遅延したときの取り立ても厳しくなります。

そこで、こういった金融業者を使うと、たちまち支払いが苦しくなってしまいます。
また、債務整理後に無理矢理お金を借りようとすると、たとえば個人から借金するときにも、足元を見られて金利を高くされてしまうこともあります。

無理に借金をしても自分の首を絞めるだけなので、そのような条件でまで借金する必要があるのかどうか、よく検討してから借り入れをしましょう。

6-4.親や兄弟等に迷惑をかけるリスク

任意整理後、金融業者などからは借り入れができないということで、親や兄弟、友人や恋人などから借金することがあります。

このような場合、あまり厳しく返済するように言われないケースもあります。「任意整理後のカード会社への支払いを優先してくれていいよ」、と言ってくれるかもしれません。

しかし、そういった好意に甘えすぎるのも危険です。

貸してくれた親がよくても兄弟が納得しないかもしれませんし、兄弟が良くても、その配偶者が納得しないかもしれません。恋人とつきあっているときは良くても、別れたとたんにトラブルになるケースも多いです。

「相手がいいと言っている」という状況に甘えることなく、借りたものはきちんと返済する姿勢が重要です。

まとめ

今回は、任意整理後の返済中での借り入れについて、解説しました。

任意整理をすると、ブラックリスト状態になって借り入れができなくなりますが、借り入れする方法はいくつかあります。

どの方法を利用する場合でも、「きちんと返済できるのか」を考えて、計画的に利用することが重要です。闇金だけは、絶対に利用しないように注意しながら、任意整理後の支払いを確実に終えましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

不動産・借金問題でお悩みの方は今すぐご相談ください

「住宅ローンが払えない…」
「家が競売にかけられそう…」


住宅ローンや税金が支払えなくて、後でなんとかしようと放置していませんか?
そのままにすると競売や差し押さえなど大変なことになる可能性があります。

これらの問題を抱えている方は必ず早めに対策をするようにしましょう。

早めに対策をすることで、ローンの返済ができなくも現在の家に住み続けることも可能です。

不動産事業再生支援は、ご相談から問題解決まで完全無料でお手続きをさせていただきます。

  ・豊富な収益物件に関する知識によりあなたにとって最適な解決方法を提案
  ・徹底的な現状分析でより高い価格での売却が可能
  ・特有の任意売却・仲介知識でリスクの少ない売却が可能


これらの強みを生かし、あなたの抱える不動産・借金問題を解決に導きます。

解決方法の詳細を見る

【無料EBOOK】競売回避 完全マニュアル

ローン延滞、税金滞納の問題に対して何とかしなければいけないと考えているが、何をすれば良いのかよく分からず悩んでいませんか?
本書は、ローン延滞、税金滞納等で競売に陥った方が、


  • ・任意売却を活用して引き続き自宅に住み続ける方法

  • ・自宅を残しながら借金を最大90%カットする方法

  • ・競売を取り下げ、ローン延滞を無かったことにする方法



など、競売を回避し、あなたに大きなメリットをもたらす具体的な対策内容を詳細に解説しているものです。
ローン延滞、税金滞納の問題でお悩みの方は、本書をご活用の上、活路を見いだして頂きたいと思います。

次のページで目次を確認できます

コメントはこちらからどうぞ