競売を回避するための完全マニュアル

任意売却の残債を整理する6つの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

任意売却で残ってしまう借金(残債)の整理方法は、恐らく一番気になる事だと思います。

残債を整理する方法は6つあり、状況整理をした上であなたにあった方法を選択することが大切です。今回は任意売却をした後に残る残債の整理方法を紹介していきます。

1.任意売却の残債を整理する6つ方法

任意売却を利用すれば、借金が残る価格でも、売却することが可能になり、競売と比較して多くのメリットをあなたにもたらしますが、借金が残ってしまいます。この残ってしまう借金を残債(ざんさい)と言います。

この残債は、売却が終わった後に整理をしていきますが、整理する方法が6つあります。

この6つの手続きを併用したり、どれか1つを利用したりするのですが、収入の有無や他に不動産をまだ所有しているなど、状況によって選択する手続きが異なってきます。

2.まずは状況を整理して自分にあった方法を見極める

あなたに適した今後の処理方法を知るために、まずは「不動産を他にまだ所有しているかどうか」を確認してください。他にまだ不動産を持っている人は、残りの不動産も任意売却をしていく必要があるため、まずは「任意売却とはあなたの借金問題を解決する突破口の1つ」を確認してください。

もう不動産は何もない人は、借金だけが残っている状態ですね。その場合は、債務整理を始めるためには事前の状況整理が必要になります。状況整理は以下4つの手順で進めていきます。

■債務整理の状況整理を行う4つの手順

手順1:お金を借りている債権者の情報を一覧表にまとめる

手順2:借金総額と借金の利息を確認する

手順3:収入と支出の金額を確認して、あなたの収支状況をチェックする

手順4:借金の返済が可能かどうかをチェックする

詳細なやり方や進め方は、分かりやすいフローチャートを用意していますので、「借金の債務整理を行う6つ方法」で、あなたに適した債務整理の方法をみつけて、残債の整理をしていきましょう。

3.残債を上手に整理するための2つのポイント

残債を上手に整理していくために、役に立つ2つのポイントを紹介していきます。

ポイントその1:不動産はすべて売却する

自己破産などの債務整理を検討する前に、不動産を持っている人はすべての不動産を売却してから、それらの手続きを検討するようにしましょう。理由は、債務整理の費用に大きな違いが発生するためです。

自己破産は、大きな資産を持たずに行えば、手続き費用は約3万円でできます。しかし、不動産を所有した状態で破産をしてしまうと、最低でも50万円以上の費用負担が発生します。

ですので、不動産を所有している段階では、まず始めに任意売却で不動産を売却した後、自己破産などの債務整理に着手したほうが費用を安く済ませることが可能になります。

高いお金を払って自己破産をしても、不動産は強制的に売却されますので、そうであれば先に自分の意思で売却しておきましょう。

ポイントその2:税金の滞納は解消しておく

税金の滞納は、自己破産をしても0円にならないことは知っていましたか?それだけ厳しく取り立てられるものなのです。また、自己破産だと残せる車や家具・家電でも、税金の滞納処分手続きでは、売却されてしまうケースがあります。つまり、税金の滞納は、金融機関の借金よりも厳しい取立てができるということです。金融機関の借金は自己破産をすれば0円になります。でも税金は0円になりません。

ですから、こんなことを言うと金融機関から怒られてしまいますが、債務整理を始めている人は、金融機関の返済を止めてでも、税金の滞納は解消しておいたほうが良いということです。なぜなら、金融機関の借金は、自己破産をすれば0円になるからです。

税金滞納の整理方法は、「固定資産税を滞納した時に必ず知っておきたい全知識」で詳しく紹介していますので、参照にしてみてください。

4.まとめ

今回は、任意売却で残った残債の整理方法とコツを紹介してきました。不動産を持っている人はまず売る、税金の滞納は解消しておくなど、コツはいくつかありますが、いずれにせよ上手に対応すれば早期に全ての借金を0円にできます。死ぬまで借金と付き合っていく必要なんかありませんので安心してださい。早く整理したければ、3ヶ月程度で0円にできますから、借金問題で悩んでいる方は早めに専門家に相談するようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

不動産・借金問題でお悩みの方は今すぐご相談ください

「住宅ローンが払えない…」
「家が競売にかけられそう…」


住宅ローンや税金が支払えなくて、後でなんとかしようと放置していませんか?
そのままにすると競売や差し押さえなど大変なことになる可能性があります。

これらの問題を抱えている方は必ず早めに対策をするようにしましょう。

早めに対策をすることで、ローンの返済ができなくも現在の家に住み続けることも可能です。

不動産事業再生支援は、ご相談から問題解決まで完全無料でお手続きをさせていただきます。

  ・豊富な収益物件に関する知識によりあなたにとって最適な解決方法を提案
  ・徹底的な現状分析でより高い価格での売却が可能
  ・特有の任意売却・仲介知識でリスクの少ない売却が可能


これらの強みを生かし、あなたの抱える不動産・借金問題を解決に導きます。

解決方法の詳細を見る

【無料EBOOK】競売回避 完全マニュアル

ローン延滞、税金滞納の問題に対して何とかしなければいけないと考えているが、何をすれば良いのかよく分からず悩んでいませんか?
本書は、ローン延滞、税金滞納等で競売に陥った方が、


  • ・任意売却を活用して引き続き自宅に住み続ける方法

  • ・自宅を残しながら借金を最大90%カットする方法

  • ・競売を取り下げ、ローン延滞を無かったことにする方法



など、競売を回避し、あなたに大きなメリットをもたらす具体的な対策内容を詳細に解説しているものです。
ローン延滞、税金滞納の問題でお悩みの方は、本書をご活用の上、活路を見いだして頂きたいと思います。

次のページで目次を確認できます

コメントはこちらからどうぞ