競売を回避するための完全マニュアル

よくわかる任意売却のメリット・デメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

競売という文字があなたの生活にチラついてきたタイミングで初めて知る手続きに「任意売却」という手続きがあります。恐らくあなたは、「任意売却は競売よりもメリットがある」という認識くらいで、何となく理解して状況だと思います。今回は、任意売却のメリット・デメリットについてどこよりもわかりやすく紹介していきますので、任意売却があなたに適した方法なのかどうか、この記事を参考に確かめてみてください。

1.任意売却の6つのメリット

任意売却のメリットを理解するには、対比の手続きである競売と比較することでよく理解できます。

競売と比較した際の、任意売却の6つメリットをみていきます。

■任意売却の6つのメリット

比較項目 任意売却 競売
1.売却価格 市場価格 市場価格の50%~70%
2.売却方法  任意 強制
3.プライバシー 保守性を保つことができる 公になる
4.持ち出し費用 一切かからない 引越し費用等がかかる
5.立退き しなくて良い方法がある 強制退去
6.売却までの期間 短い(約3ヶ月) 長い(6ヶ月以上)

メリットその1(売却価格):任意売却を利用すれば、競売よりも高い金額で不動産を売却できる

任意売却を利用すれば、競売よりも高い金額であなたの不動産を売却できます。

高く売れる主な理由は、

  1. 融資(ローン)手配の時間が確保できるため
  2. 不動産会社が仲介を行い、取引の安全性が担保されるため
  3. 競売と比較してより多くの情報開示が為されるため

です。本来高く売れたはずなのに、競売になることで大きな損失を被ることはよくあります。任意売却の存在を知ることができたのであれば、積極的に活用するようにしましょう。

メリットその2(売却方法):任意売却を利用すれば、あなたの希望を考慮して不動産を売却できる

任意売却では、「売る・売らない」の判断をあなたが行います。

あなたが希望する条件で売却するためには、任意売却を行う必要があります。

競売は、強制売却であり、あなたが希望する条件は一切考慮されずに売却されてしまいます。

メリットその3(プライバシー):任意売却を利用すれば、守秘性を保ちながら不動産を売却できる

競売の情報は、新聞やインターネットで広く公開されます。

公開された後は、いろんな人があなたの不動産を見に来ます。

このように、近所の目が気になる方は、任意売却で守秘性を保ちながら売却手続きを進めることで、この問題を解決できます。

メリットその4(持ち出し費用):任意売却を利用すれば、持ち出し費用0円で手続きを行える

任意売却では、引越し費用を確保することができ、且つ持ち出し費用0円で手続きを行えます。

競売では、引越し費用を確保することができないため、引越し費用の負担が発生します。

また、強制執行による立ち退きにあい、任意で退去しなければ、高額な強制執行費用を後から請求されるリスクを負います。

メリットその5(立退き):任意売却を利用すれば、引き続き自宅に住むことができる

競売では、基本的に強制退去ですが、任意売却を利用すれば、リースバックという手法で引き続き自宅に住むことができます。

詳細な方法については、「リースバックで自宅を売却して引き続き自宅に住み続ける方法」を参照にしてください。

メリットその6(売却までの期間):任意売却を利用すれば、競売よりも早く売却できる

競売では、競売開始決定から落札されるまでの期間が6ヶ月以上かかります。

任意売却では、相談をして任意売却が完了するまでの期間が約3ヶ月であり、1/2の時間で手続きを終えることができます。

一刻も早く今の状態から抜け出したい方は、手続きが迅速に進む任意売却を選びましょう。

以上のように、「任意売却」は「競売」よりもとても有利な手続きであることが確認できたと思います。

2.一般的に誤解されている任意売却のデメリット

任意売却は競売と比較した時に、実はデメリットが何もない手続きです。

「任意売却 デメリット」で検索してでてくる内容も、実はデメリットではありません。一般的に任意売却のデメリットと言われている内容は、

  1. 手続きの負担がかかる
  2. 債権者との調整が難しい
  3. 保証人に迷惑がかかる

などがあります。

これらはデメリットではないので、その誤解を説明していきます。

誤解されているデメリットその1:手続きの負担がかかる

任意売却は、そもそも自分で行う手続きではなく、不動産会社が行う手続きです。任意売却で、あなたに手続きの負担がかかることはありません。実務では、相談をした後は、売却が完了するまで待っている時間がほとんどです。あなたのデメリットというよりは、不動産会社にとってのデメリットといえますね。(任意売却は大変ということです。)

誤解されているデメリットその2:債権者との調整が難しい

これも、不動産会社にとってもデメリットです。債権者との交渉は根気と時間を要します。あなたは不動産会社と債権者との交渉の行方をただ見守っているだけで良いのです。なので、あなたにとってはデメリットではありませんね。

誤解されているデメリットその3:保証人に迷惑がかかる

そもそも借金の支払いが遅れている時点で保証人に迷惑がかかります。また、任意売却で高く売却せず、競売で安く売却してしまうほうが、よほど保証人にとっては迷惑になります。より高く売却しようと任意売却を進めている方は、むしろ迷惑を減らしていると言えます。なので、デメリットとは呼べません。

以上のように、一般的に任意売却のデメリットと言われている内容は、そのすべてがデメリットではないと言えます。デメリットがあると言われて不安になっている方は、安心してください。

なお、保証人がいる場合の対策は「連帯保証人のチェックポイントと連帯保証人の自宅を守る4つの方法」で確認できますので、情報が必要な方は目を通してみてください。

3.まとめ

今回は任意売却のメリット・デメリットについて内容を紹介してきました。

このまま何もしなければ競売になる状態を回避するための手段が任意売却ですので、比較対象は競売になりますが、任意売却には何一つデメリットがない手続きであることが確認できたと思います。

これから競売になりそうな方や、今まさに競売になっている方は、メリットしかない任意売却を選択したほうが良いと言えます。任意売却という手続きの存在を知れた事はあなたにとってラッキーですので、手続きが必要な方は、早めに相談するようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

不動産・借金問題でお悩みの方は今すぐご相談ください

「住宅ローンが払えない…」
「家が競売にかけられそう…」


住宅ローンや税金が支払えなくて、後でなんとかしようと放置していませんか?
そのままにすると競売や差し押さえなど大変なことになる可能性があります。

これらの問題を抱えている方は必ず早めに対策をするようにしましょう。

早めに対策をすることで、ローンの返済ができなくも現在の家に住み続けることも可能です。

不動産事業再生支援は、ご相談から問題解決まで完全無料でお手続きをさせていただきます。

  ・豊富な収益物件に関する知識によりあなたにとって最適な解決方法を提案
  ・徹底的な現状分析でより高い価格での売却が可能
  ・特有の任意売却・仲介知識でリスクの少ない売却が可能


これらの強みを生かし、あなたの抱える不動産・借金問題を解決に導きます。

解決方法の詳細を見る

【無料EBOOK】競売回避 完全マニュアル

ローン延滞、税金滞納の問題に対して何とかしなければいけないと考えているが、何をすれば良いのかよく分からず悩んでいませんか?
本書は、ローン延滞、税金滞納等で競売に陥った方が、


  • ・任意売却を活用して引き続き自宅に住み続ける方法

  • ・自宅を残しながら借金を最大90%カットする方法

  • ・競売を取り下げ、ローン延滞を無かったことにする方法



など、競売を回避し、あなたに大きなメリットをもたらす具体的な対策内容を詳細に解説しているものです。
ローン延滞、税金滞納の問題でお悩みの方は、本書をご活用の上、活路を見いだして頂きたいと思います。

次のページで目次を確認できます

コメントはこちらからどうぞ