競売を回避するための完全マニュアル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ここでは競売を回避するための実践方法を紹介します。
ここに書いてある対策を知っているかどうかでご自身の物件が競売になってしまうか、
競売を回避できるかを判断できる可能性が大きく変わってくるでしょう。
以下に書いてある対策を知り、先に手を打ち行動することで、あなたの満足のいく生活を手に入れてください。

STEP:01まずは競売について理解を深める

ここでは、競売とはそもそも何なのか?ということについて説明していきます。
あなたがもし競売にかけられてしまっていたり、競売になりそうであったりする場合は、まずは競売について内容を理解しましょう。

STEP:02実際に競売になってしまった場合はどうなるのか理解する

実際に競売になってしまった場合はどうなってしまうのか、どれくらいの費用がかかるのか、何をしなければならないのか、不安はつきません。ここでは実際に競売になってしまった場合についての内容を紹介します。

STEP:03競売を回避するための対策を知る

ここでは競売を回避するためにあなたがとれる対策を紹介します。競売にかけられたからと諦めることはありません。
競売を回避する方法はいくつかあり、どれも有効なものばかりです。必ず目を通して、あなたに合った対策を行ってください。

競売回避方法その1

競売の全デメリットを回避する(任意売却)

競売を回避するためのベストな方法として、「任意売却」という方法があります。ここでは、任意売却を行う際に必要になる知識、メリット・デメリット、相談先の選び方等を説明していますので参考にしてください。

競売回避方法その2

住宅ローンの延滞を無かったことにする(個人再生のリスケ)

住宅ローン以外の借金が5000万円以下で、安定した収入のある人は、個人再生を利用することで、住宅ローン以外の借金を最大90%カットし、住宅ローンの返済期間も延長でき、毎月の返済を低く抑えることができる可能性があります。住宅ローンの支払いが遅れ、すでに競売にかかっているが、保証会社による代位弁済から6ヶ月を経過していない人は以下記事をチェックしてみてください。

競売回避方法その3

そもそも競売をさせないために事前に行える予防策

ここでは、競売になってしまう前に、あなたがとれる対策を紹介します。

STEP:04競売後に残った借金を整理する方法

競売や任意売却をした後に借金が残る場合があります。そのような残った借金をどうやって解決すれば良いのかについて、解決方法を紹介します。

STEP:05生活を再建するまでの生活費を確保する方法

債務整理を終えて、生活を再建するまでに生活費が必要な場合は、
生活保護を活用して生活費を確保することを検討してみましょう。
ここでは生活保護費を受給するための全手法を紹介しますので、生活を再建するための知識を身につけてください。